タイのパタヤ、ラン島で何もしない贅沢リゾート

アレもやりたいコレもやりたい貧乏性なワタクシは、旅行に行くとギューギュー詰めにスケージュールを組んでしまうことが多い。ほとほと嫌になることもあるけれど『時間は記憶に残らない』という持論のもと、記憶に残せる体験をいかに増やすかを重要視してしまうのであります。

んが、それはどうもちゃんとしたリゾートに滞在したことがないからだったのかと、今回 Lareena Resort に滞在して思いました。もうね、ずっとココに居たいw。どこにも行きたくない。そんな気持ちにさせてくれるのが正しいリゾートホテルなのですなぁ。



もっともここラン島はパタヤから日帰りでアクティビティを楽しみにやってくるようなところで、コレと言って見どころはありません。身近なところで言えば熱海から船で行く初島みたいなちっちゃい島ですからね。

ただ面白いことに、こういうところに居るとまるで夏休みの子供のように不思議と早起きしてしまうもので 、いそいそとテラスで釣り糸をたれてしまうあたりやっぱり貧乏性なのです。

んで、虫ヘッド2g+アジアダーで釣れたのがコレ↓

マブタシマアジ

見たこと無いアジ。ランディングに往生しましたw。帰ってから調べたら『マブタシマアジ』というやつらしいです。いやほんと、このホテル最高。

Facebookの友達に会う

そんなわけでこの島でどこかに行ったり何かアクティビティに興じたりする予定は一切ありませんが、Facebookで繋がっているタイ人君が、どうやらしょっちゅうこの島で釣りしているようなので「会おうぜ!」って事になっているのです。「一番の船で桟橋に行くよ」ってことだったので、宿泊にくっついているホテルの朝食をサクッといただいて桟橋で釣りしながら待つことに。

んが、これが予想に反して全然釣れない。地元の釣り人は居るには居るので釣れないところではないんだろうけれど誰も何も釣れてない。
そんな時のために秘密兵器として入手しておいた『タラの珍味』を餌にしてみたらポツポツと・・・

ナバーン桟橋で釣れた魚

トロピカルな感じの魚が釣れてくれました。餌って凄いね。

ナバーン桟橋に落ちてたサビキのパッケージ

桟橋にはこんなサビキのパッケージが落ちてました。JAPANとか書いてあるしカタカナだしチカライッパイ日本製アピールですが・・・・

ナバーン桟橋に落ちてたサビキのパッケージ

思い切り中華製の中華メーカー(笑)日本の釣具は世界の憧れです。

ただ待てど暮らせど彼が来ません。で、メッセンジャーで何度かやりあってるうちに重大なことに気づいた!タワン桟橋の方だ!!ww

ってことでホテルで24時間300バーツのバイクをレンタルして、一山越えた向こう側の桟橋へ向かいます。
久しぶりのバイクかつ大きさの割にチカラのないバイクで狭い道の結構な急坂でフラついてしまい、道端のバイクのステップにステップ当ててしまい、ハニーの親指から流血するハプニングに肝を冷やしました。・・・逞しい人でホント救われました。

ちなみにラン島は坂が多いからか自転車のレンタルはありません。移動手段はレンタルバイクかソンテウだけ。バイクのレンタルは桟橋周辺に沢山あってほとんど同じ値段。パスポートチェックも免許チェクもないしヘルメットもありません。こんな気持ち良い状態がいつまでも続くように、くれぐれもみなさん安全運転でね!

タワエンビーチ

山の上から見るタワエンビーチ。日帰りアクティビティの人達でごった返しております。

タワエンビーチ

タワエンビーチ

山を降りて物凄い人混みの中バイクを止めたあたりと、桟橋側からみたビーチ。いやはや、大昔の湘南みたいです。

で、ようやく会えたジョオン君。

タワエン桟橋

IMG_20180128_114755

側線の黄色が強い現地のアジを何匹か釣ってたので暫しの間並んで釣り糸を垂れてみました。普段はパタヤで働いてて、日本のヤマシタとかジャッカルとかからサポートを受けるほどの釣り人でもあるのです。偉いなぁ。

違う桟橋でずっと待ってたせいか時合はすっかり終わっているようで、一緒に釣ることは出来ませんでしたけど、はじめての国はじめての場所でも会いたい人があるというのはSNSのお蔭。面白い時代ですな。(大昔は文通で似たようなことがあったのか?)

ラン島のレンタルバイク

釣りの時合は終わったようなのでジョオン君と別れ、人少なめのビーチでジャブジャブしようと目論みます。目指すは島の端っこヌアルビーチ。

ラン島ヌアルビーチ

泳いでいる人はあまりいませんが、こここもビーチはかなりの人です。ただこっちはヨーロッパ系の人が多いような。あんまりのんびり出来る雰囲気ではありませんが、隅っこの方へ歩いていってちょっとジャブジャブ。

ラン島ヌアルビーチ

やっぱり湘南の海のベタベタ加減は異常ですよ。変な匂いもなくベタベタもせず(岩場はガンガゼに注意)水は多少冷たいけど久しぶりの海水浴は(っていつ振りだ?)気持ち良かったです。けどメガネとかシュノーケル持ってないとあんまりもたないっす。

お腹が空いたのでホテルの方へ戻ってローカルレストランへ入ってみました。

タイめし

パッタイとソムタムとヤムウンセン。タイのご飯はホント美味しいっすねー。「太るよ」って言ってたけど。

眼の前のセブンイレブンでビール買ってホテルへ帰りテラスでダメ人間一直線。これぞリゾートという大人な過ごし方を初めて満喫したのであります。

これぞリゾート

夜はまた屋台でアレコレ買い込みテラスで優雅な晩餐を楽しみ、ラン島最後の夜は更けてゆくのでありました。

船の時間寸前までテラスで入れ食い!パタヤは煩い!!

ラン島最終日。やっぱり夏休みの子供のように早々と起き出し、テラスから釣り糸を垂れます。ジグヘッドにタラの珍味で色々釣れちゃってやめられません(笑)

ラン島で釣れた魚

ラン島で釣れた魚

ラン島で釣れた魚

結局パタヤへ戻る船の寸前まで遊んでました。

最終日は昼頃空港へ入らなければならないのでパタヤで1泊したわけですが、賑やかなカオサンなどととがって『やかましい』というのが本音で、どうにもこの町は性に合いませんでした。

パタヤ

唯一アガったのが、これ↓

DSC_3440

フムスにファラフェルサンド!
どういうわけかインド人とか中近東の人達が多いパタヤ。少し外れたところはインド人街と言えるほどで、こんなところで大好きなファラフェルサンドを食えたのは思わぬ収穫でした。(夜もインドカレーでしたw)

最終日はホテルを出てから15時間くらいで地元まで帰ってこれて何だか関心しました。

 

何もしない。そんな大人のリゾートを楽しみたい方。パタヤから船で40分のラン島おすすめですよ!ホテルはもちろんLareenaで!!


そんわけで、シーリーズでお届けしたタイランドトリップ回想記、これにて終了です。また行くよ!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。