沖縄西表島感満載!民宿2軒をご紹介

リゾート開発の魔の手から何とか逃れてきている西表島。大きなリゾートホテルはニライカナイともうひとつくらいしかありません。(ニライカナイも2019年3月運営が変わったようです)

空港ができたりすると一溜まりもないんでしょうけれど、他の島と違って平が少ないのが幸いですね。宮古島は新しい空港オープンでとてつもないバブルが湧き上がっているようです。バブルは必ず弾けるから困ったもんです。

そんなわけで、西表島での宿泊は民宿が定番です。今回私達がお世話になった民宿がとても良かったのでご紹介します!

人口40人の船でしか行けない集落に泊まる【かまどま荘】

ただでさえ【日本最後の秘境】と称される西表島に、陸は続いているけれど道がなくて船でしか行けない集落があると知ってしまったら、行かない訳にはいかないでしょう。

石垣島から船で渡ってきたその脚で路線バスに乗り込み、日本最西端のバス停【白浜】。

日本最西端のバス停

ここから更に船に乗ってようやく辿り着くのが、離島にある陸の孤島【船浮】です。

西表島【船浮】
陸の孤島船浮

ご覧の通り、陸は繋がっていますが道がない。こんなところが日本にあったなんて衝撃です。船浮の歴史は古く、明治のはじめ頃から石炭を彫り、戦時中には旧日本軍の要塞が設置されていたそうです。

東郷平八郎上陸の地

日本軍が掘ったトンネルや特攻艇格納庫なども残ってます。せっかくだから日本人として少しは触れてみると良いでしょう。

そんな船浮地区で通年営業の民宿は2つしかありません。そのひとつが【かまどま荘】さん。船が付く港の目の前!という釣り好きにはたまらないロケーションです。

かまどま荘

赤い壁の建物が食堂部分。右側の通路を抜けたところにプレハブの離れが2棟。母屋にも4部屋の客室があるようです。

かまどま荘

日本軍が軍港にしていたくらいなので北西向き河口にある船浮は台風でも割と静かなことが佇まいから見て取れますね。海の目の前、だけど静か。こんな土地で静かに余生を送りたいものですww。

かまどま荘に宿泊して船浮を心ゆくまで満喫したいなら、民宿に慣れていることと、ちょっとアジア圏にも親しんでおいたほうが良いかもしれません。

トイレとお風呂がね、タイとかベトナムとかそんな感じだから。

船浮かまどま荘
船浮かまどま荘

12月~2月くらいは流石に寒いと思います。

道路もないのに、電気・ガス・水道、Wifiまでも不自由なく通っている事が不思議。アジア感満載だけれどやっぱりここは日本なのであります。

息子さんのハル君は、小学校から帰ってくると毎日自転車で集落を行ったり来たり。お客さんの釣り竿を奪って釣りしたり潜って魚突いたり、実に正しい小学生振りでした。やっぱり子どもはこうでなくちゃね。

集落の隅にある凄く立派な校舎の学校に驚きましたが、小中合わせて7人って事にも驚き(掃除大変そう)、集落を維持するために養子縁組が盛んだということにも驚きました。

昼飯の問題

船浮はとても良い所だし、かまどま荘さんのご飯は抜群に美味しいのですが、何泊もすると昼飯の問題が浮上してきます。集落でお昼ご飯を食べられるところは2軒しかありません。

イノシシカレーの【ぶーの家】か、そばとおにぎりが食べられる【cafeいかり】のどちらか。3泊した我々のお昼はカレー・そば・そばでした。【cafeいかり】さんのおにぎり美味しいですよ!

イノシシカレー
【cafeいかり】の庭に居た日本最大のトカゲ(キシノウエトカゲ)

キシノウエトカゲ

船浮については語り切れませんのでこちらのビデオをどうぞ!あ、泊まるなら【かまどま荘】。足ヒレとかも貸してもらえるしね!

上原港近くなら【民宿あけぼの館】

船浮を朝に出て、白浜の東屋でバスを待っていたら何と素通りされるアクシデント発生。仕方ないので午前中から2時間昼寝してバスに乗り、上原港で【やまねこレンタカー】さんと合流、時間調整を兼ねてクーラーの滝など寄りつつ向かったのは、本日から3泊お世話になる【民宿あけぼの館】さん。

民宿あけぼの館

THE OKINAWA!この佇まいですよ。ウェブで写真見て一目惚れした【あけぼの館】は、聞きしに勝る気持ち良さ!

  • 古いけど掃除が行き届いてる←めっちゃ大事!
  • シーツパリパリしてる
  • 風通し最高!
  • おばちゃんかわいいww
  • 長期滞在風のお客さんたちも気持ち良い
  • 目の前海!

素泊まりにしてしまったので夕食のことはわかりませんが、朝はみんな食堂でおもいおもいに食べてて面白い感じでした。

西表島あけぼの館
西表島あけぼの館

海側客室からの眺め。

残念ながら我々が行った2018年10月の後半は台風の影響もあり毎日けっこうな風が吹いていて目の前の海を満喫することは出来ませんでしたけれど、部屋で昼寝するにはちょうど良い風でした。

スーパーや食堂・居酒屋も割と近所にある(シーズンオフだとやってないお店も多いので注意)。西表島って上原界隈なら伊豆大島より便利かもしれません(笑)。

何件もの宿に泊まったわけではないので比較できませんけれど、ココに挙げた2軒は両方共、その場所でのベストチョイスだと思います。西表島で宿泊する機会があったら参考にしてください。

西表島のおすすめ民宿2軒

船浮地区は【かまどま荘】
WEBサイト:http://kamadoma.jp/index.html
Facebook :https://www.facebook.com/%E8%A5%BF%E8%A1%A8%E5%B3%B6-%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%BE%E8%8D%98%E3%81%A8%E8%88%B9%E6%B5%AE%E3%81%B1%E3%82%93-152338021600017/
(Facebook Page からでも予約できました)

上原地区は【あけぼの館】
WEBサイト:http://www.ne.jp/asahi/galapagos/hiro123/akebono/index.html
予約は電話かFAXのみです。

ちなみに、西表島へもノースのダッフルバッグひとつで行きました。リール4台にパックロッド5本、水中メガネとシュノーケル、もちろん着替えのたぐいも全部これにブチ混んで背負えます。移動が多いときでもラクラク。もうスーツケースには戻れません。


[ザ・ノース・フェイス] ダッフルバッグ BC Duffel L NM81552 サミットゴールド

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・整体の学校手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。