NYCの友達を訪ねる旅その6

5日目。

文字通り、ブッ倒れるまで遊ぶのは気持ち良い。

眠るのも結構体力がいるもんで、歳とって弱ってくると妙に早起きになったりするもんだけど、
1日しっかり釣りするとまだまだぶっとうしで12時間以上眠れます。
人のベッドでもお構いなし。。。。

オレが滞在している間、友人は床に寝ているわけで、大変申し訳なく(でも寝ちゃうけど)
この日は早々にアパートを出てしばらくベッドで寝てもらおうと。

もうほとんど燃えカスだし(笑)

朝ごはん
デリで簡単な朝食?を買って公園へ。

空気がね、すんごっく乾燥してるし、結構澄んでるから、
日向は暑いけど日陰は寒い。
なのでチラチラ日が当たる木陰でボケーーっとする。

空気の乾燥度合いはホントに凄くて、実は2日目かなり喉が痛くなって、
こりゃやっちまったか?!と思ったほど。
3日目には治ったんだけど、日本との湿度の差はハンパ無い。

んで、NYって街にはトイレが無い。

相当でかいターミナル駅でもないかぎり駅にも無ければ、街中にはいっさい無い。
巨大な公園にも1ヶ所か2ヶ所しか無い。

じゃあその辺で立ちションしまくりなのか?というとどうもそうでもない。
2つの公園の池の周りをグルグルまわったけど、立ちションに出くわしたのはたった1度だったし。

オレが思うにこの乾燥度合いが関係しているように思う。
つまりNYの人達はションベンしないのだ。

昨日15時間ほど一緒だったNY生活30年のKAZさんも、小便したのはたった1度。
しかもこっちは釣りの最中に1Lの水を飲み干しているにもかかわらず、彼はほとんど口もつけていない。

これを見てオレの妄想は確信に変わっていったわけ。

ニューヨーカーは水分とらない。
ニューヨークは超乾燥してる。
ニューヨーカーはオシッコ少ない。
ニューヨークはトイレ無い。








きっとニューヨーカーは結石とか腎盂炎とか循環器系の病気が多い!
統計とか知らないからオレの勝手な想像だけどね。

んでオレはほとんど燃えカスなんだけど、実はまだ大事な事が残っているのです。
なんせホストの友人は大事な大事なレコーディングがすぐそこに迫ってる。
そこで『お前も練習に付け合え』と、渡航前に譜面が送られてきていた。

譜面
あたしゃ大分音楽から遠ざかっちゃってるのですが、
ちょっとワクワクして見たこと無いコードを調べてみたりして、今日はついにセッションしちゃうのです。

と、その前にNYの湘南、コニーアイランドへ連れてってもらう。

コニービーチ

コニーアイランド
コニーアイランドConeyIsland といえば、
大好きだった子供ばんどのダイアモンドダストって曲が、「コニーアイランドにて」ってサブタイトルだったな。

残念ながら閉業した『CBGB』でライブした時に出来た曲だっけか。

つまり冬にはココにダイアモンドダストが舞うわけだ。

ねいさんずネイサンズ

ホットドッグ早食い大会で有名なネイサンズ。
信号守らないしクラクション鳴らしまくるくせに、列にはおとなしく並ぶアメリカ人が不思議。

ブライトンビーチ

幅30mほどあるボードウォークが延々と続くブライトンビーチ。
延々と続くボードウォーク(5、6キロ?)にはこれまた延々と縦横5m間隔くらいでドラム缶が置かれてる。

ちゃんとアートしてんだけど、これが全部ゴミ箱なの。
『無いと大変な事になっちゃう』とはいえ、いくらなんでも多すぎじゃね?

ブライトンビーチブライトンビーチコニーアイランド

この海辺の町はロシア人が多いらしく、まったく読めない看板がいたるところにある。
んで友人のお目当てはロシアの食い物らしい。

彼がいつも行ってる店に行く途中、激しく引き寄せられた店にそのまま突入。
したらココが大正解。
NYでようやく旨いものにありつけました。
何て言うかね、何を食っても『食べた事ある味』なの。ロシア料理。
地理的に近いからなのかね。

コニーアイランド
そんなロシアンスーパーの屋上。

まったく学習能力が無くて食い物の写真は撮れません。すいません。

ま、そんなわけで『ロシアには住める』と思った次第。
寒くなければだけど。

途中ゲットーと呼ばれる地区に立ち寄ったりしながら帰って、
夜はいよいよセッションです。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。