NYCの無料アトラクションその2

帰りは明日ですがやっぱり飛行機は午前便なのでアパートを早朝には出なければならず事実上の最終日。いまだ少々足りないお土産を探しつつ気の向くまま行きたいところへ。

初日も立ち寄ってますが再びグランドセントラルステーション。ここはいわば東京駅みたいなもので何度来ても楽しめるTHE NYC。

グランドセントラルステーション

グランドセントラルグランドセントラルステーショングランドセントラルステーション

グランドセントラルステーション

トラック数は100以上。迷うこと請け合いw。

前回もいくつかお土産を買ったトランジットミュージアムショップで、旅好きの人にウケそうなものを買ってお土産Done。
ついでに明日のバスのりばをチェックしておきます。

到着時は駅のほぼ目の前でしたが、反対車線に乗車するところは見当たりません。(ポートオーソリティーもそうでしたが、日本のようなバスターミナルはありません)。
こんな時も現地simを入れてるスマホがあるから無問題。どうやら1本南側の41stに乗り場がありそうです。

グランドセントラルエアポートバスのりば

この日はピンクの位置にエアポートバスのバス停がありました。んが、翌日は赤の位置でした。この辺りをさまようバス停らしいのであまり参考にしないでくださいw。

NYに来たらまた食べようと思っていたFIVE GUYSを近くに見つけてプラっと入店。

five guys

赤白のポップな店内も好き。皮付きの正しいポテトは紙袋の中で暴れております。紙コップ意味なし。

five guys

メニューは、ハンバーガー、チーズバーガー、ベーコンバーガー、ベーコンチーズバガー。そこへお好みを具材やソースをオーダーしていきます。日本にもあるバーガーキングでHave it your wayに慣れておくことをおすすめします(笑)

やっぱりFIVE GUYS美味し。
なんだけれど、今回気づいていしまったことがひとつ。SHAKE SHACKもそうだったけどバンズが弱い。
『美味しいハンバーグ焼けたよ~、手汚れないようにパンで挟んだよ♪』ってな感じなわけ。食わせたいのも食いたいのも肉なんだよね、あくまで肉。

食感や味はもちろん風味やビジュアルも全てが一体となって完成する・・・とかっていう発想はなさそうです。この国から寿司職人は産まれませんわなww。
個人主義とか団体意識とかDNAに染みこむ文化とか国民性みたいなものと料理の関係は深そうですゼ。

この2年で2回沖縄へ行って美味しいハンバーガーを色々食べたこともあってね、ハンバーガーすらも日本の勝ち!って結論に達してしまいました。あぁアメリカ。ほんとに食い物だけは残念。

無料アトラクションその2

ニューヨークって街は上げたらきりないほど映画のロケ地になっています。中でもジャン・レノをスターダムに押し上げたレオンはゲイリー・オールドマンの怪演も際立っていて好きな映画のひとつ。

マンハッタンの東側を流れるイーストリバーの真ん中にある島、ルーズベルト島へ渡る手段のひとつが、映画の終盤ひとりぼっちになったマチルダが乗るトラム(ロープウェイ)です。

ルーズベルト島トラム

正確には無料ではありませんが、MTA(メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ)のカードで乗れるので、まっ実質無料でしょ。

ルーズベルト島トラム

右手はクイーンズボロブリッジ。この橋もいろんな映画で良く見ますな。トラムは島までですが、クイーンズまで渡ればアルパチーノの『陰謀の代償NYコンフィデンシャル』の舞台。数々のヒップホップ系ミュージシャンを生んだクイーンズボロ団地があります。ヒップホップだけは全く聴かないのでさっぱりわかりませんが。

ルーズベルト島トラム

ほんの2,3分で着地するとビックリするほど平和な空気が流れております。いやほんと、マンハッタンと空気が違う。超まったり。驚いたことに確かな平和の象徴が駅前にありました!

DSC03163

NYCではじめて見た自動販売機!ここしか無いんじゃないの?

そんな島内をしばらくさまよい、割りとゴリゴリ流れている河の流れがよれたところに小魚が沢山居ることを確認。もし次回があったらここで釣りしようと心に誓うのでありました。ここなら夜通し釣りしても平気じゃね?ランディングに難ありだけど。

イーストリバーイーストリバー

ルーズベルト島

ルーズベルト島

余談ですがニューヨークって街はゴミ箱に困りません。(赤いのゴミ箱ね)。帰ってきて痛感したのは日本のゴミ箱の無さ。これだけ捨て難いとさ、物が売れないのも仕方がないんじゃないでしょうかね。公園でランチとかしにくいったら無い。

日本からゴミ箱が消えたのは某教団の事件以来だと思うけれど、臭いものに蓋的な愚行なんじゃないでしょうか。ゴミ箱撤去でどれだけの人が仕事を失ったんだか。

ここでもう既にプランは終了しちゃってるのですが、レオンつながりでリトルイタリーへ向かうことにしてカナルストリートで途中下車。したらこのお祭り騒ぎ!

リトルイタリー

リトルイタリー

リトルイタリー

司祭が来たんだか誕生日だか良くわかりませんが、宗教的におめでたい日だったみたいです。即席遊園地も!

インスタント遊園地

葉巻

葉巻実演販売。職人さんの手元に暫し見とれる。

ここへ来たら撮りたかった写真がコレ↓

消火栓

NYCの消火栓は色んなところで色んな顔をしてて行く先々で目につくのですが、ここのは特にイカス!

Feast Of San Gennaro

通りの端っこでステージ用意されていたので開演まで粘ってましたけれど、はじまってみたらビックリするほどポップな歌謡曲のバンドだったのでガッカリして退散しました。

あ、ステージバックに書いてありましたね。Feast Of San Gennaro。 第89回年次祭りだそうです。

リトルイタリーお隣のチャイナタウンがドンドン広がってるみたいですが、頑張れリトルイタリー!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。