東海汽船の往復割引活用で伊豆大島再び。三原山お鉢参りリベンジ

お客さんを呼びたいのか呼びたくないのか、まったくもってひっそりと行われている東海汽船の往復割引キャンペーン。前回大島へ行った帰りにチラシを目にしたので、1ヶ月後再び大島の人と相成ったのであります。

おもしろゲストハウス、もりおの家

前回利用してとても気に入った【海のふるさと村キャンプ場】なのだけれど、1周道路から降りていく道の工事中で車の乗り入れができないのとのこと。仕方なく宿泊施設を探している内にたどり着いたのがココ→もりおの家。ウェブサイトを開いた瞬間ビビッと来ちゃうでしょコレww。

元小学校を改装した大型ゲストハウスを一人で切り盛りするのはその名ももりおさん(本名は違う)。以前別の場所にあったゲストハウスは13年の台風26号で土石流に飲み込まれてしまったそうで、応援の意味も込めて今回2泊お世話になりました。

もりおの家伊豆大島店

当然建物自体年季入ってますが、ビックリするぐらい掃除が行き届いてます。大部屋(ドミトリー)は1人1800円と島内最安!個室は2人以上でひとり3000円。エアコンは1時間100円の有料だけど開けっぴろげてたら良い風が入ります!大きな台所と広いリビング完備。外にも広いシンクとBBQテーブルが2セットあるので、肉焼きつつ釣ってきた魚をさばいて食いたいなんて人には打って付けです。元町港もスーパーも近い!

で、もりおさん自体がまた面白い人なので、是非みなさんも実際に体験して欲しいと思います。あ、アクが強いから駄目な人はダメだと思うけどww。

三原山リベンジ

前回9月に訪れた時に、三原山へ登れなかったのが心残りなのです。終始天気がイマイチで見上げても見えず、山頂口駐車場では鬼のような土砂降りに見舞われたのであります。裏砂漠もこんな↓

伊豆大島裏砂漠

だもんで、今回メインの目的は三原山お鉢参り!と、コレまた前回寄れなかった動物園(笑)です。

海の真ん中に浮かぶ島なので、どっちから風が吹いても山の上に雲が出来る。だからやっぱり午前中に行くのが正解。と思って早めに来てみたら・・・・

伊豆大島三原山山頂口駐車場

またかよっ!後ろ髪引かれつつ一旦下り始めたけど、雲じゃなくて霧なことに気付き、良い風も吹いてきたので再び駐車場へ戻り、山頂へ向かって歩きだしました。

伊豆大島三原山

霧は晴れてきたものの三原山は見えず。ちなみココは外輪山の中に広がる平なエリア。目指す三原山はつまり火口そのものです。

三原山

西湖や河口湖で溶岩は見慣れているけれどここは随分と雰囲気がう。異国っていうかむしろ異星っぽい。平らなエリアを抜けグイグイと坂を登りはじめたら凄い風が吹き出して霧が飛んでったりまた飛んできたり。

三原山

まともに管理されている山なら入山規制がでるくらいそれはもう凄まじい風で、我々の他に歩いている人は皆無。空模様は目まぐるしく変わり走馬灯を見ているかのようです。

三原神社

三原神社に着いた時はまたこんな状態。鳥居からお社へ坂を下っていくのはあの出雲大社と同じですね。何故か溶岩が避けて通っているお社も小さいながら大社造でした。お参りをしていたらみるみ霧が飛んでいって息を呑む光景が!!

時計回りに火口を1周したところではゴジラがお出迎え。

三原山のゴジラ岩

向こうには富士山!この絶景は1度生で見たほうが良い。三原神社の鳥居も

三原神社の鳥居と富士山

ちなみに、鳥居はこっち向いてますがお社は富士山を向いてます。はい。

凄い風に吹かれつつ駐車場近くまで戻って振り返ればスッカリ快晴!

三原山

写真じゃスケールが伝わらないなぁ。行ったこと無いけどアフリカの何処かみたい。マジで惚れました、ココ。皆さんも是非!

そうそう、今回の釣りは小さなカンパチとメッキとカサゴハタンポ沢山でした。終始風が凄くてね~。

カサゴ

メッキ

ショッパチ

動物園は見事なまでの貸し切り。動物たちも実に呑気な感じでした。キョンの檻が空っぽなのはちょっと衝撃(笑)。

大島動物園のレッサーパンダ

野毛山のレッサーパンダとは随分違うリッラクスパンダ。この格好で寝てました。

まだまだ遊べるなー、伊豆大島。また行く!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。