NYの友達を訪ねる旅 その2

ちょっとエッチなオネーさんと一生懸命に英語で話してみましたが、
飛行機ではほとんど眠れなかったので、この時点で30時間ほど寝てないわけです。
もうね、ちょっとの酒で酔っ払うわ頭ボーっとしてるわ、
映画で見たような用心棒がいるわアメリカだわで、わけわかなんわけ。

けどまぁオネーさんにも友人にも何とかお褒めいただいて、その店を後に。

んで寝れるのかと思いきや、更にその足でワシントンスクエアパーク近くの『cafe WHA?』。

cafe wha?
今回の旅はライブバー巡りも目的のひとつなのです。
もちろん有名な店なんて行きませんけど。

『cafe WHA?』は、いつもブラジリアンぽいバンドがライブをやっている所らしく、細長くてせま~い店内は、ラテンのリズムに合わせてめくるめく腰使いのオネーさんが踊り狂っていました。

時間はすでにAM3:00。しかも月曜の夜。

こういうところで演奏するのも、何千ていうデモの中から選ばれたバンドなワケで流石に上手い。
ドラムはちょっとロックな人でしたが、ベースのグルーブは必聴ものでした。

バーニー
そんなわけでようやくブルックリンのアパートに辿り着いたのは明け方。

どうやらNYって町は24時間寝ないらしい。
東京の地下鉄も24時間動いてたら面白いのにね。

地下鉄プロスペクトパーク

メトロ
メトロカード。

地下鉄とバスとシャトルが1週間乗り放題で25ドル。

んで2日目。

散歩昼くらいに起きだして、まずはバーニィ(犬)の散歩。
目の前にあるProspect Parkプロスペクトパークへ。

マンハッタンのセントラルパークが代々木公園だとしたら、こっちはさしずめ、井の頭公園。・・・・(いやもっと上野とか谷中とか下町な感じか)

NYって街は意外と自然がいっぱいあって、リスとかモモンガとかそこいらじゅうにいるし、池にはバスはもちろんクラッピーとかギルとか巨大な鯉もいたりなんかする。(残念ながらワニはいない)

平日だってのに驚くほどの人が、勝って気ままに走ったり寝転んだりバーべキューしたりしてる。
自由の国アメリカはダテじゃない。

2日目にしてわかったけど、ココの人達はとにかく勝手に生きてる。
世界中の人がいるから常識なんか無い。
信号は守らないし、ココかよ!って思うようなところで楽器ならしてるし、
それぞれがそれぞれの考えで動いてる。

だから街を歩いても流行のファンションってのがわからない。
日本人がこの街に少ない理由がちょっとわかるよね。

15th友人は仕事があるので、今日は23:00まで1人で行動。
ユニオンスクエアで分かれて、とにかく腹が減ったのでそのまま駅前のマックへ(笑)
クォーターパウンダーのセット(ミールという)を食べましたが、日本のそれとまったく同じだった。

今日の目的は3つ。
1、釣具屋
2、セントラルパークで釣る!
3、お土産探し

こんな事に友人を付き合わせるわけにも行かないので、何とか1人でやってみよう!ってわけです。

Capitol Fishing Tackleと言う店がミッドタウンにあると前もって聞いていたので、
まずはそこへ、住所と地下鉄マップをたよりに向かう。

captale無事到着。

んが、ぬるかったのはその営業時間。
入店後わずか30秒、「しめるぜフレンド」みたいな事言われてそそくさと退散。
サマータイムのNYで18:00閉店はあまりにも速すぎやしませんか・・・。

土曜なんか17:00に閉めちゃって日曜は『GoingFishing』とか書いてある。
ま、正しい釣り人ってことですかね。

さらっと見た感じ大したものは無かったし、公園での釣りならライセンス無くても平気って話だったので、まいっか。

capマンハッタン2マンハッタン

コロンバスサークル

なので更に地下鉄に乗ってセントラルパークを目指す。
池は沢山歩けど、おススメは72stから近い『The Lake』らしいので、
コロンバスサークルから歩いてひたすら北上。

72stには・・・・・・

ダコタハウス
コレ。ダコタハウス。

ジョンレノンが住んでたとこね。
この玄関先で撃たれたんだっけ。

この交差点から公園に入るとすぐ

ストロベリーフィールズ
れっみーてきゅーどん♪

イマジン

毎日誰かが花あげてんのかな。

しばらく歩くと・・・・・・ついに

THE lake1

イケイケでございます~~

注意書き

ちゃんとフィッシャーマンに向けた注意書きもある。

バーブレスでよろしく。

ダメだ眠い。

またつづきます・・・。明日は亀かな?

 

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。