IN TIME

スティーブジョブズ氏のスピーチの事を考えているタイミングで、『TIME』(原題 IN TIME)を見てきました。

科学の進歩で25歳までしか成長しない未来。
25歳の誕生日に、24×365日の時間が与えられる。それが残された寿命。
時間は同時に通貨でもある。
時間を稼ぎ、時間で買い物をし、残り時間で生きる。
スラムの人はいつも走っているし、富裕層は何百年も生きて死にたがっている人さえいる。
この設定だけで充分面白く、考えさせられる映画でした。
気になる人は、予告編は見ずに本編を見ることをお勧めします。

現実、今こうしている時もどこかで誰かが亡くなっているし、ルアー1個分のお金で生き延びられる人もいる。
そんなわけで、チャイルドドクターに応募してみました。
どんな子に選ばれるか楽しみ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

湘南台引地川の桜