逃げた獲物はいつもデカイ

そんなわけでたぶん15年振りくらいの高滝ダムへ行ってきました。
ほぼまったく記憶は無いので、初めての湖状態。
やっぱり“初めて”はドキがムネムネで楽しいったらありゃしない!
しかもここ数年、『釣れる釣り』にはあんまり興味なく『やりたい釣り』しかしなくなってきている。特にバス釣りでは。
多数派の魚に釣りを合わせるんじゃなくて、やりたい釣りで釣れる魚を探す。
で、思ったとおりに釣れたら数匹でもお腹いっぱいなのだ。
朝一の一発はそんな読みどおりの魚だったんだけどねぇ・・・・あっさりバラシ。デカかったのに・・・修行が足りません。
釣りとトリガーポイントと私-高滝ダム
釣れる数は少なくなったけれど、満足度、爽快感は格別。
ライトな釣りを否定する気はないけれど、『釣りたいから』という理由でライトな釣り(通称セコ釣り)ばかりをやるのはもったいない。せっかくアホほどルアーの種類があるバスフィッシングなんだからさ。色んなので釣ろうよ。

釣りとトリガーポイントと私-高滝ダム

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください