でっかい旅

椎名誠のでっかい旅。

 

ビデオ撮って見ました。

ラ・プラタ川を、アルゼンチン~パラグアイ~ブラジルと遡って行くもの。
いや~、なにもかもスケールがデカクて参りました。

ブタとワニとトリが、小さな水場でノホホンとしてたのが印象深かった。

 

久しぶりにテレビで見た椎名さんは、随分年を取っていました。
もう60なんですね。

 

実は、『哀愁の街に霧が降るのだ』にはじまり、

多くのエッセイを読ませてもらってる。

(小説は残念ながら“水域”しか読んでないけど)

この人の遊び方、生き方は、結構ボクの理想かもしれない。

 

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください