投資と消費-3

投資になるか消費で終わるかはユーザー次第なわけですが、
そんなことをいちいち考えるユーザーはほとんどいない。
だから、不況の今、消費はどんどん落ち込んでいる。
生活必需品とか空腹を満たすだけの食事は値下げ競争。
対して、わかりやすい投資は不景気ほど活気付く。
ミセス・ワタナベと称される日本の主婦を中心とした個人トレーダーが動かす金額は、
1日に8兆円とか言われています。
FXなどの投資は当然元本割れというリスクがあるでしょうが、もしも元本が保証されて、金利や差益も生む可能性がある商品あがったら・・・・。景気になぞ左右されませんね。
そんな整体をやらないと!
理想論?
理想を語らないで何を語るのさwww

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください