『レストアストレッチ』お試しより

矯正コース『レストアストレッチ』をモニターさんにおこなってみて、
感じたことがあるのでちょっとまとめておきます。
●良い姿勢は疲れる!?

姿勢1
壁に沿って立つ。
自然に、後頭部・背中・お尻・ふくらはぎ・カカトが壁に付くのが理想的。『自然に』っていうのがキモね。
耳~肩峰(肩の先っちょ)~股関節(大転子)~膝~土踏まずが垂線上に重なると、
1Gという強力な重力を適当に分散させる事ができる。(偏った筋肉に負担が掛からない)
って、そんな事はもうほとんどの人が知ってる。
問題は、理想の姿勢をするとすぐ疲れちゃうってこと。
姿勢2
すでに短く凝り固まった筋肉があって、今の姿勢は出来上がっている。
全身にまとった“大リーグ養成ギブス”みたいな凝り固まった筋肉を、
『よっこらしょ』っと引っ張って理想の姿勢を作るので、すぐ疲れて当然。
まずは、短く凝り固まった筋肉を徹底的にストレッチ。
当たり前だけど、どこを伸ばすかの判断が大事です。

 

●運動した方が良い?!
歩いたり泳いだりという全身運動をするのはもちろん良い事。
んがっ!しかし。
得意な筋肉に偏った癖のある動きでは、健康になるどころかどこかを痛める可能性が高くなります。
短く凝り固まった筋肉をストレッチで伸ばしたら、理想の運動ラインで動けるよう、筋肉と神経に再教育。
PNF運動ライン
基本の運動ライン。“丹田”を支点として動くのでテコが使えてパフォーマンスが高い。
特に肩関節と股関節は球関節と呼ばれ、それこそ四方八方に動ける形になっています。
逆言うと、四方八方に動かさなきゃ上手くないわけです。
球関節
大きな筋肉が付いている、肩まわり、股関節まわりをしっかり動くようにしてから、
歩いたり泳いだりしてもらいたい。
痛めることはないし、運動効率は飛躍的にアップする。
運動しているのに痩せないなんて人は、偏った筋肉しか使えてない証拠です。
壊れる前に修正しましょう。
●楽に良い姿勢で立つ
●格好良く歩く

この2ステップをマスターする事で、痛みも歪みもない理想の体へ確実に近づきます。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください