【場所】でも変わる痛み

おはようございます。
猛暑のジャマイカでスカがレゲエになったように、
暑い時はやっぱりちょっとゆっくりが良いなぁとか思う釣りバカ整体師パンチ伊藤です。
●痛みの第一現場-筋肉の酸欠から発生する痛み物質(ブラジキニン等)が、ポリモダール侵害受容器を刺激しているところ
●痛みの第二現場-特定の電気信号が送られ『痛み』と判断される脳

完全なる痛みからの解放を目指す場合、第二現場は見逃せない。
急性痛にも似たひどい痛みを繰り返してしまう場合は、特に。
少し古いですがこんな本があります。
この体レンタル中につき | “やりたい”を“やる”ヒントをこっそり公開-腰痛は脳の勘違いだった

腰痛は脳の勘違いだった―痛みのループからの脱出
$この体レンタル中につき | “やりたい”を“やる”ヒントをこっそり公開-腰痛は怒りである

腰痛は<怒り>である 普及版である 普及版

心の痛みも体の痛みも、脳の同じ部分が判断している。
脳科学者がそんな発表をしたのはつい昨年の事ですが、それよりずっと前に書かれた本です。
色んな議論がありましたが、もう受け入れるしかなさそうです。
からだ応援団パンチ伊藤のアジトを訪ねていただき、整体を受けて調子が良くなった人で、
数回目から訪問整体に切り替えた方がいらっしゃいますが、
この度再びアジトへ通っていただく事になりました。
『あそこにいたらいけない』気がしたそうです。
あえて私からは提案していません。
ご自分で『気付く』のは凄い事だと思います。
気づくが勝ち!
整体の学校-手力整体塾@からだ応援団
久しぶりの塾生募集中です。
いつもありがとうございます。励みになります。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・整体の学校手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください