パックっていこう!-2

おはようございます。釣りバカ整体師パンチ伊藤です。
明日の天気図がちょっとヘンテコなので、さて、どこに行こうか・・・考えものです。

生き物の形や機能は、環境に合わせていつも素直に変化し続けてる。

昨晩、恐竜の進化にをさぐる番組をやっていました。
敵に対して、素早く正面を向けるようになったトリケラトプスの前足や、
脳を発達させて、体の小ささをコミュニケーションで補ったドロマエオサウルス。
生き残るため、それぞれの環境に合わせて進化した恐竜。
化石を調べ、想像を膨らませる博士達が、なんだかボク等整体師とちょっとダブりました。
さて、『パクッていこう!』の2回目。観察力がものをいうというお話。
『人生』とか『仕事』のことだと、パクるのに後ろめたさを感じてしまう真面目な人が多いようなので、
一旦、遊び・趣味に置き換えて考えましょう。
例えば音楽。
のっけからオリジナルの曲を披露できる天才はさておき、
好きなアーティストのコピーから入るでしょう。
気分を高めるために同じ楽器を持ったりするのも良いけれど、
歌い方喋り方、身のこなしなんかを真似たほうが、圧倒的に憧れに近づくと思いませんか。
お金も掛からないし。
ちなみに当時ボクがパクッていたのはこのお方。

もっと分かりやすいのが釣り。
同じ堤防でやたらと釣る人がいたら、一挙一動を徹底的にパクれば良い。
どんな所に投げているのか、どれくらい沈めているか、リールを撒くスピードはどうか、
竿でアクションをつけているか・・・・。
同じ道具を持っていたって、やってる事が違っちゃ意味ないでしょう。
憧れの対象になる凄い人を見つけたら、徹底的にパクる。
パクるのは、パッと見でわかるファッションや持ち物ではなくて、
やる事なす事、一挙一動の方なんだな。
生き物の形や機能は、環境に合わせていつも素直に変化し続けてる。
食卓が2mくらいの高さだったら、身長3mが普通かもしれない。
首だけ長くなってたら困るなぁ。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください