結局血行でしょ!-6

第3位【首肩】
頭はだいたい4~5kg。ほどよい大きさのスイカくらい重い。
そんな重たいものが、ジェンガみたいに揺らいでいる背骨の上に乗っかってるわけです。
この体レンタル中につき-ジェンガ
二足歩行がうんぬん・・・・・って事を言う人が未だに沢山いますが、適当にバランスよく積み重なってさえいれば、ほとんどの筋肉をお休みにしても大丈夫なのが、二足歩行の私達の体。
手を使うために進化した体の構造は完璧なんです。
1日中立ち仕事が出来るのなんて、ボクら人間だけでしょう。
四足で1日中立ってるなんて無理だよね。きっと。
なんだけれど、バランスを取るのが少々難しい。
筋肉の特性で、疲れを感じやすいのと感じにくいの。得意なの苦手なのがあるので、ついついバランスを崩しがちに。
今にも崩れそうなジェンガを、筋肉で無理やり支えるようになる。
ギュッとチカラが入った状態が続いて、血管を圧迫。
血行が著しく滞ります。

 

『腕は頭から吊下がってる』という事も、首肩が血行不良になる要因。

 

重力VS頚
腕は頭から

 

 

腕は普通の人で2~3kg。
上腕の骨は筋肉と靭帯で肩甲骨につながり、肩甲骨もまた筋肉と靭帯で首~頭へつながる。
この首~頭に筋肉が無かったら(完全にお休みしたら)、肩甲骨は限りなく重力に引っ張られて下がっちゃうわけで、逆に言うとココの筋肉は寝ているとき意外常にチカラが入っているということになる。
“何もしなくても”ね。
たまにはグリグリ動かしてポンプしようゼ!
生まれた時からずっと背負ってるから意識した事ないけど、
1Gという凄い力が、大リーグ養成ギブスが如く体を取り巻いているって事をお忘れなく。

 

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください