結局血行でしょ!

腰痛肩こりなどの慢性痛はもちろん、色んな病気も血行の良し悪しが深く関わっている思う。
栄養と酸素いっぱいの新鮮な血液が、細胞の隅々までしっかり行き渡って、
からだは100%のパフォーマンスを発揮する。
健康で美しく楽しい人生には、適当な血行ってのが必須なんだな。
そんな諸悪の根源、『血行不良』はなんで起こるか?ってのをちょっと考えてみたいと思います。
血液の大半は各種たんぱく質で、それらが栄養や水分、酸素を細胞まで運ぶ。
復路は細胞の活動で出た廃棄物を運んでくれる。
体重の約8%の血液が(体重50kgの人で4?)、
早いところ(大動脈)では秒速50センチ(時速1.8km)で、
約9万キロ(地球約2周)もの距離を流れてる。
歩いて地球2周・・・・・。
気が遠くなるね。
(参考資料:からだの地図帳)

この体レンタル中につき-湖

自動更新です。釣りに行ってます。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・整体の学校手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください