2010年国民読書年

今年2010年は国民読書年なのだそうです。

ってまあ、どこかの財団法人か何かが勝手に決めたみたいですが、
知ってか知らずか、1月は3冊の本を読みました。
ボクとしては驚きのペースです。

奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

病院とか科学とか大○教授とかがちょっと苦手だという人におすすめの。
『元に戻す』のに必要なのは、難しい勉強じゃなくて只ただ観察力だった。

脳に良いことだけをやりなさい

「脳にいいこと」だけをやりなさい!

帯の茂木さんに気を惹かれますが、著者はマーシーシャイモフという女性。
茂木さんは訳。
マーシーさんは脳のプロじゃなくて、MBA(経営学修士号)。
いってみれば『人間力のプロ』ってところでしょうか。

人間の行動は習慣による。
怒りっぽい人は、日頃の表情や立ち振る舞い言葉が、
「怒っている人」のそれである事が多い。

楽しいから笑ってるんじゃなくて、笑ってるから楽しいんだね。
理屈っぽいか。。。でもタメになった!

プロカウンセラーのコミュニケーション術

プロカウンセラーのコミュニーション術

屁理屈への具体的な対応策なんかがあって面白い。
『聞く技術』のほうが評判が良いようなので今度はそっちを読んでみます。

どこかの財団の回し者ではないけれど、やっぱり文章は『紙』の方が断然読みやすい。
おかげで確定申告の準備がまったく進んでません。ハハハっ。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。