カラダ体系再生レッスン – その1

2010年、7年目を向かえる『からだ応援団』は、生まれ変わります。
昨年もそんなこと言ってたような気がしますが、今年はほんと。
ようやくいくべきところが見えたから。

『体系の再生』

からだ応援団がやっていきたい事を、ひとことで言える様になりました。

体系には、『個々の部分が相互に連関して全体としてまとまった機能を果たす組織体』と言う意味があります。
ん~~と、システムと言い換えられるかもしれません。

アレが良いとかコレが悪いとか、からだについても政治や自然についても、
何かひとつを槍玉に挙げる風潮がありますが、
ひとつひとつを冷静に見れば、別に良くも悪くもないわけです。

姿勢が悪くても運動不足でも腰痛にならない人はいるし、
ケーキを食べたからって太るとは限らない。
バナナを食べて痩せるとも限らない。
駆除したり保護したり・・・・。

ひとつひとつに注目してしまうと、結局『アッチが出ればコッチが引っ込む』事になるだけなんだと思うのですがどうでしょう。

 

そんなわけで、今後のからだ応援団は『体系の再生』という何とも馬鹿でかいテーマを真剣に追求していきます。

●痛みが発生してしまう体系の再生
●水環境における体系の再生

この二つは既にジワジワ動き出しています。

そしてもうひとつ。
●太ってしまうからだの体系再生

太っていてもね、楽しきゃ良いと思うんです。
でもそれがコンプレックスになっていたり、痩せたいと思っていたりするなら、やっぱり痩せた方が良い。しかも美しく。

『何をやっても痩せられない』という人は、やっぱり体系として機能していないのではないかと思うのです。
ひとつひとつに注目しすぎ。

キーワードは『スリム体質脳』。

 

新しい事を始める時というのは、いくつになってもワクワクするものですね。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。