竹はなぜ折れないか

どんなに強い風が吹いても、まず折れること無い竹。
世界中で古くから釣竿などにも利用されてきました。

なぜ竹は折れないのか?

繊維がどうのこうのという難しい話もありますが、
1番の特徴はやっぱり“ふし”があるからでしょう。

折れるほどの力も“ふし”が全体に分散してくれるわけです。

人のからだにも同じことが言えます。
“ふし”はつまり“関節”。

全ての関節が自在に動いてくれないと、
特定の関節に負担がかかることになります。
慢性的に同じところへ負担が掛かるから『おれる』わけですね。

せっかくある“ふし”を眠らせていたらもったいないです。

 

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。