世の中は狭い

『湘南台の駅前に、○○っていうスナックがあるから是非行ってほしい』

半年ほど前に、ニューヨークの友達からそんなメールが着ました。
なんでも、バイトしている日本食レストランに、
そのスナックのママさんの息子がいたというのです。

でも一人でスナックなんて気軽に入れるわけもなく、
月日は流れていました。

つい先日、ちょっと遠い所から友達が遊びに来た時にこの話を思い出して、
勇気を出して行ってみました。

そうしたら・・・・・・

意外に混んでいる(失礼)店内のカウンターに
ちょっと無理やり座らせてもらって、
ママさんとNYの話、息子さんの話で盛り上がったころ、
カウンターの中にいる綺麗な女性に、友達が声を掛けました。

△『おねーさんお名前は?』
▲『***です。(下の名前)』

私『・・・・・・思い出した!!@@さんだっ!!(上の名前)』

中学の吹奏楽部の先輩でした。
3つ以上上なので被ってはいないのですが、地元の超有名人。

し・か・も・

NYの友達はこの先輩の弟のサックスを20年ほど前に買って、
今も吹き続けているのです。

全てのものは、縁によってそこに存在しているだけで、
  存在そのものは“無”である。
 だから縁に感謝し、今そこにある自分に感謝すること。

     色即是空・空即是色

1本のサックスが取り持つ、“縁”の不思議。

世界は狭いというかなんというか。

嘘や悪口は言えません。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。