アメリカ人に肩こりは無い?

HPが表示されないトラブルが出ていたようですが、復旧しました。
ご迷惑お掛けしました。

『アメリカ人は筋肉量が多いので肩こりが無い(少ない)』
と、まことしやかにいう人がいますが、アメリカ人にも肩こりの人はいました。

実際は『肩こり』という言葉がありません。
肩こりは『Stiff neck』。つまり『首こり』と表現されます。
これはまぁ、どこを重要視しているかという文化の違いでしょうか。

ニューヨークの街で気付いた事ですが、
ホントに色んな国の人がごちゃ混ぜなので、ルールがほとんど無い。
良い意味で『自分勝手』に生きている人達ばかりなので、
日本人に比べたら『Stiff neck』も相当少ないと思われます。

あそこでは『KY』なんて言葉は流行らないでしょうから。

やっぱり肩こりは、ついつい空気をよみすぎてしまう日本人の国民病なのかも知れませんね。

今回の旅の目的、ひとつはこれ。
日本にいない魚を釣る事。
淡水のカマス、チェインピケレル。

欲しければ欲しいと強く思ってみよう。
思いが強ければきっと手に入る。

肩こり知らずのからだだって、持っている人はいるんだからね。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。