天気で変わる体調

「明日は雨だなぁ・・・・古傷が痛みやがる・・・」

何かの映画でそんな台詞があったかどうか知りませんが、
ほとんど常識のように言われ続けているようです。

梅雨に入ったことで、とたんに神経痛(?)が出ている人や、
体の重さを訴える人が増えているのは事実ですが、
「湿気っぽいとだめね~」
というのはちょっと不正解。思い込みです。

からだに強い影響を与えるのは、湿度よりも気圧です。

からだ応援団が常々言っている、月と体の関係と同じような作用があります。

月は引力によって水を引っ張りますが、
低気圧や高気圧も、大気の圧力変動で水を引っ張ったり押し潰したりします。

水の中に住んでいる魚達は、低気圧が近づくと活発に動きます。
気圧が下がる事で水が膨らみ、動きやすくなるんですね。

私達はからだの中に水を沢山持ってますから、(70%近くが水分)
気圧が下がると体が膨らむわけ。(凄く極端な話ですが)
魚達とは逆にちょっと動きにくくなるわけですね。

だから、敏感な人は気圧の下がりはじめを体で感じる。

私も五感をフルに使って気圧の下がりはじめを感じます。
魚が活発に動き回る時ですから見逃せません。(笑)

天気が悪くても、楽しめる事があると、
体調は気にならなくなりますよ。きっと。

ファイル 272-1.jpg

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・整体の学校手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。