からだに優しい歩き方

さて、からだに優しい立ち方の次は、いよいよ歩き方です。

『健康のために歩いている』
という人は随分と増えましたが、
果たしてあなたのウォーキングは健康のためになったいるでしょうか?
『ウォーキングで膝を壊した!』なんて人は意外と多いのです。

f1
つま先を開いてこんな風に立つのがからだに優しいのだから、
この形のまま歩けばいいのです。

f5
つまりこんな感じ。

つま先を少し外に向けたまま歩きます。

『がに股?』

いえいえ。
膝をしっかり伸ばして、直線状にカカトを降ろしていけば
がに股にはなりません。

つま先を外に向けて歩くと、
親指で地面を蹴る事がとても自然に出来ます。

これは凄く重要な事なのです。

f6

ほとんどの方はこのように歩いています。

つま先は真正面か下手すると内向きです。

すると地面を蹴るのは自然と小指側になります。

親指は一切使われません。

結果、足底の筋が弱り
冷え・むくみ・外反母趾・足がツルなどの
症状が出やすくなります。

外側ばかりで体重を支えているので、
外側を押す筋肉ばかり強くなり、
足首は内反変性してきます。

as2
こんな感じで凝り固まってくるって事ですね。

足首がこのようになっている人は、
そのまま歩いては駄目です。

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
・【身体の声を訳す】手力整体塾主宰
・からだ応援団団長
・丹田を再生するレストアストレッチ提唱
詳しくはこちら>>>このブログを書いてる人

『遊びがすべてを救う』をテーマに、身体と心に遊びを届けることを使命としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください